テーブルに関する情報が満載!

テーブルの傷は自分でメンテナンス

無垢材のテーブルを使っていると、傷がついてしまったり、木自体が割れたり等の問題が発生することがあります。
家具は大きいので、配送してメンテナンスしてもらうにも、コストや手間がかかってしまうので、ついついそのまま使ってしまったりするケースも少なくありません。
しかし、無垢材の家具は、自分で軽いメンテナンスが可能です。
ホームセンター等に、無垢材専用の「パテ」と言う粘土状の補修材が販売されています。
そちらを傷や割れに埋め込み、はみ出した部分をふき取ると、キレイに埋まるので、フラットな状態に戻せます。
通常のパテでしたら、そのあとに家具に合わせて色を入れるのですが、最近では色が元から入っているタイプも販売されているので、お持ちの家具の色に合わせて購入すれば楽にメンテナンスができます。
少しの傷でも毎日使う物ですから気になってしまうものです。
こまめにメンテナンスして、より良い状態の家具を長く大切にしたいものです。

愛用のテーブルに生じた傷を修復するための心得について

テーブルは居間や食堂など、洋風の造りの住宅に不可欠なインテリア家具です。
毎日の生活の中で使う機会が多いため愛着がわきやすい一方で、使用中に傷が生じるリスクが他の家具より多い傾向があります。
目立つ傷を放置すると見栄えが悪くなるだけではなく、水分や汚れが染み込んで耐久性が大きく低下してしまうことがあります。
そのため、速やかに修復を行う事がテーブルを長持ちさせるために必要な心得です。
生活の中で生じた微小な傷は市販の補修剤を塗り込むことで目立たなくすることが出来ます。
補修剤はコーティング作用もあるので水や汚れが染み込むのを防ぐことが可能になります。
補修剤はテーブルと同じ色の物を使用することが目立たなくするための条件ですが、市販の製品は種類が豊富なので適切な一品を選ぶことができます。
また、補修剤の代わりにクレヨンを使用する方法もあります。
愛用の一品を長く使い続けるためには日頃から丁寧に扱うだけではなく、僅かな破損が生じてもすぐに対処する姿勢を持つことが大切です。

check

Last update:2017/10/13

Copyright (C)2015 Desk how to .All Right Reserved.